2016_02
12
(Fri)23:58

バレンタイン和食

だんな様の妹、てにままにとっては小姑が泊まりに来ました。

ボケが始まってきたらしい彼女の母親(お婆さん)の様子伺いですね(笑)

テニ友とのランチが終わって帰宅したら既に到着していた小姑。
ひとしきりのお婆さんとの話が終わって、、、

 「どうでした?年相応のボケでしょ?!」

と水を向けたら

 「そうね~耳が遠いせいもあるだろうけど、同じ話を何度もしてたわ」

彼女の姑も90を超えて遂に施設へ入居したそうです。
彼女のだんなと、その兄とが毎晩付き添って母屋に寝泊まりしていたそうで
夜中に2度3度とトイレへ連れていかなければいけないことで
兄弟が睡眠不足から疲労困憊しての施設行きだったそうです。

 「母も、手がかかるようになったら施設にいれたら?」

そんな助言をいただいて、少し安心しました(笑)


夕飯は名古屋名物「赤から鍋」にしようかとも考えましたが
和食屋さんの金券の期限が近く、外食になりました^^



今日も愛の一押しを!


本日の夕ご飯
IMG_7014.jpg
和食屋なのにバレンタイン特集(ハートがいっぱい)

肝心のしゃぶしゃぶの写真を撮るのを忘れた、というオチ(爆)





関連記事

コメント

実母といえど、、親の介護は並大抵のことではできないことをわかっておられてホッとしましたね

いまどき、施設のほうが、ケアがしっかりして老齢のかたにとってもそのほうがよいと思っています
自分が老齢になったら、その時どう思うのでしょうかねぇ
寂しいと思うのか、はたまたそんなことすらわからなくなっているのか、、、

2016/02/14 (Sun) 00:55 | とんびのたか | 編集 | 返信

とんびのたかさんへ

>親の介護は並大抵のことではできないことをわかっておられて

確かに!!!
もう一人の妹(年上ですが)も旦那の両親を看とって
理解あるとは思うのですが、、、
なんせ気持ち的に近しい気分じゃ無く、どう思っているのか?不安です。

>施設のほうが、ケアがしっかりして老齢のかたにとってもそのほうがよい

なにより、本人が、、、
「行きたくない」と言えば、それでお終いの気もします!

お婆さんが100才超えて、今のような状態で
私が70でヨレヨレだったら?
ほんと心配ですよーー(笑)

2016/02/14 (Sun) 23:00 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック