2015_10
28
(Wed)23:30

パートナーシップ証明

渋谷区に続き世田谷区でも同性婚がみとめられましたね~

もっとも戸籍で結婚が認められたのではなく
パートナーシップ証明書が発行されるだけなんですがw

てにまま、何度か「ゲイに偏見はない」と書いてきました。

色んな愛があってもイイじゃないか?!

あなたはどう思うのかしら?


世間の偏見がなくなったら
彼ら(彼女たち)は、どんなにか気楽に生活が出来るでしょう!

早く、そんな時がくるといいと願っています^^


携帯会社でも、敏感に反応して
パートナーシップに家族割相当の対応を始めました。

娘が、、、

 「だったら、毎晩電話している○ちゃん(♀)とパートナーだって言えば安くなる?」

まあ安直な考え方です(笑)


契約には、間違いなくパートナーシップの証明書を提出だろうし
その証明書を出してもらうまで数万円かかることを娘はしらない(爆)




今日も愛の一押しを!


本日の夕ご飯
QBKR8353.jpg
だんな様が留守だったら左だけなんですけれどね~

プラスのガリバタチキン(鶏肉のガーリックバター炒め)
関連記事

コメント

>ゲイに偏見はない。

とはいっても、、、自分あるいは我が子のこととなったら乗り越える壁は高いと思いますが。
その道の芸能界の先駆者である「カルーセル麻紀」さんの初めての里帰りの話は、面白くラジオ番組で聴いたが、今になって思い返せば親として自分はどう対応しただろうか、、、

高いハードルである。

今日のテーマは、そういう問題ではないんやけど。
もともとパートナーシップとは産業、企業関連においての協力関係みたいなものの総称をいってるようですが。
「同性婚」とことばが世間を駆け回るより、「◯◯シップ」のカタカナ語のほうが認知されやすいともいえる。

>毎晩電話してる◯◯ちゃん

娘さんのおっしゃることはごもっともであるw
だが、電話会社にとってはそこまでのサービスはちょっと!といったところではないかな?
それより、超対象者に限られるであろう「パートナーシップ割引」の旗をかかげたほうが理解ある先端企業とししてPRにもってこいのテーマであろう。

乱文お許しを。

2015/10/29 (Thu) 04:56 | Wフォルト | 編集 | 返信

私も

何でも理解できるタイプで同性婚も自分にはわからないけど、理解してあげたいと思っていましたけど、この間フランスの男性同士の夫婦が0歳児の女の子を育てて居るのを見て、ちょっと吐き気がしました。

親はいいけど男の二人に育てられた女の子どうなんだろう?

今日も夫とその話をしたばかり。

やっぱり違和感が有るのは、遅れて居るかなぁ?

Wフォルトさんへ

>自分あるいは我が子のこととなったら乗り越える壁は高いと思いますが。

そうですね~
ドラマで『偽装の夫婦』っていうのがやってます。
あのオカーサンも、や狂っちゃうのかしら?
(やぐるう・・・名古屋弁かな)

>理解ある先端企業とししてPRにもってこいのテーマ

10年前、S社には『ラブ定額』なるものがありました。
特定の人(性を問わず)との通話が半額になるサービスがありました。
まだ『かけホー』が無かった時代です(笑)

私的には何も得るものはないと思うのですけれどね~(爆)

2015/10/29 (Thu) 23:45 | てにまま | 編集 | 返信

ひなたんばーばさんへ

>親はいいけど男の二人に育てられた女の子どうなんだろう?

本当ですね~
でも愛を注がれて育ったなら
世間の偏見の受け止め方次第なのでは?
たぶん養子でしょうし。。。思春期が怖いですね~~

>やっぱり違和感が有るのは、遅れて居るかなぁ?

それがフツーでしょうね^^

10年以上、普通の夫婦をしていて
 「やはり無理!」とゲイの世界へ戻っていった人も見ています。
残された奥さんのことを思うと心が痛みます。

パートナーシップが認められていたなら
『偽装の夫婦』をせずに済んだのでは?と。





2015/10/29 (Thu) 23:52 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック