2015_09
30
(Wed)23:47

ママがおばけに

メディアで話題になっている絵本が本屋にあったものだから
こーそーのために買ってしまいました。
IMG_5855.jpg
「ママがおばけになっちゃった」

4才の子供、かんたろうを残してママが死んじゃうお話です。
おふざけっぽい所も一部ありましたけれど
後半にはグッときました・・・

でもこれは子供に読んで聞かせるより母親が自分で読んで涙する絵本みたいな(笑)


「死ぬ」・・・小さい子供には理解不能でしょうね~

それがSUN女が幼稚園に行きだした4才の頃に

 「どうして人は死ぬの?わたち死ぬの怖い」

と涙を浮かべてMYだんな様へ質問したのです。

だんな様がどういう風に説明したのかは覚えていませんけれど
長い時間二人で話し合っていました。

そして
 「あの子は天才かもしれない!」

そんな小さなときから「死」のことを考えるなんて、、、ということなんですが
SUN女は天才でもなく、今はただの2児の母をやってま~す(笑)



今日も愛の一押しを!

関連記事

コメント

ようつべでみたよ。

かんたろうちゃん、ママ、おばあちゃんの3にんが

てにまま家とかさなってしかたなかった。

そんなに、いい子いいママをめざさなくてもいいとおもう。

しかったり、はんこうしたりのスッタモンダの親子!

やっぱり、これがいちばんしあわせ。

2015/10/01 (Thu) 15:39 | Wフォルト | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

>てにまま家とかさなってしかたなかった。

そこんところ、、、
手の込んだ料理と作るおばあちゃんと手抜き料理のママ・・・でしょ?!

>いい子いいママをめざさなくてもいいとおもう。

この絵本は正に大人を意識して作られたと思います。
お金を出して買うのは大人ですからね~

我が子たちが小さい頃、子供が好んで読みたがる(読んでもらいたがる)のは
母親の趣味とは全く違ったものでした(笑)

もっと子供を本屋(図書館)に連れて行って子供の目を肥やすことが必要かと!

2015/10/01 (Thu) 23:43 | てにまま | 編集 | 返信

あー、私も小学生の低学年の時に、なぜか"死"について考えてしまった時期がありました、今でもハッキリ覚えています

夢を見たのがキッカケです

それが実にリアルな感じの夢でして(^^;;

煙漂うその上の空から下を眺めている自分が「わたしはここよー。ちゃんとここにいるからみんな泣かないでー。」と小学生の私が言っているのです

それっきり、
今じゃ夢も見ず爆睡してるオバちゃんです(爆)

2015/10/02 (Fri) 01:16 | とんびのたか | 編集 | 返信

とんびのたかさんへ

>夢を見たのがキッカケです

夢とか、身内の死によって考えることが多いのでしょうね!?

でもSUN女が話をしたときには「きっかけ」らしいものは
見当たりませんでした。本当に不思議!の域ですわ^^

私も小5の時に盲腸の手術をし、
昼寝中点滴を抜かれたときに「ひきつけ」を起こしました。

その時に幽体離脱じゃないですけれど
天国との境の夢をみました。

お花畑の向こう、河を挟んでお城があり、
お婆さんが「こっちへ来ちゃダメ」と言っている・・・
ですが、お婆さんはまだ死んでなかったんですけど(笑)

一度っきりで、以後はそんな夢をみたことがありませんw


















2015/10/02 (Fri) 23:07 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック