2015_08
31
(Mon)22:55

尿路結石


昨夜のだんな様、日曜夜には大河ドラマが終わると寝室へ入るのに
ブログを書き終えた頃、珍しく出てきたのです。

 「なんか腹が痛いんだよな~」

ジムでの筋肉痛かと思っていたら違うみたいな。。。

ちょっと治まったと12時には寝室へ戻っていったのに
夜中の2時半に起こされました。

 「痛すぎる!病院へ連れて行ってくれ」

胆石があることは知っていました。
夜間救急で順番待ちをしていて、その痛がりかたが
胆石とは違うような気がしましたが、、、(経験者)

血液検査、尿検査、レントゲン、CT・・・

結果は尿路結石でございました。

その間中、顔をしかめて痛がります。

 「俺、人生で一番の痛みだ~~」

女性の一番の痛みは「お産」ですけれど
それに比べたら・・・の思いは飲み込んで(笑)

痛いのは代わってあげられないのが見ているほうの辛いところ!

石が動くからか、痛かったり痛くなかったり、、、
レントゲンで見る限り、かなり大きそうでしたよ!

きっと自力ではでないだろうな~のてにまま予想^_^;




今日も忘れず、愛の一押しを

明けて今日、改めて診察へ行ってまいりました。

てにままの嫌な予感は的中して
たぶんカテーテルにて破砕の方向・・・どっかで聞いた話のような気もしますぅ(笑)

でも次の予約は11日なんです。
それまで「持つ」かしらん???


本日の夕ご飯
IMG_5561.jpg
たこ飯と、辛くないエビチリと、辛くない麻婆豆腐!(^^)!

刺激物がいけないかな~と!孫用でもありますが(笑)

エビチリにはカサ増しにマッシュルームもww









そういえば、数週間前に会社の検診(人間ドック)を受けていたと
結果報告と改めて見直したのです。

腎臓結石がある、と書かれていました!それも3年前から(~_~;)

結石が、そんなに大きくなる前に石を出やすくする薬を飲むように、とか
なんらかの指導があってしかるべきと考えるのですけれど、、、、

そんなものなのでしょうかね~?!

関連記事

コメント

あらあら、お気の毒に。

我が家の夫も、耐え切れず、「すぐ連れて行ってくれ」でした
経験済みだわ~

実は私も過去一度。

めっっちゃ痛くて”なんなの?これ。激痛~もうだめか”・・・と思ったですが、結局我慢できました。
そして、数時間後、石が出てきて
あっ結石の痛みか・・と認識しました

といういわけで、自己治癒?自己診断の運び(笑)



2015/08/31 (Mon) 23:57 | とんびのたか | 編集 | 返信

3年前に診断されていたといっても、効果的な薬はないみたいだし、ひたすら水を多くとってオシッコと一緒に流れ出るのを期待するしかないようですね。

>カテーテル

衝撃波による粉砕とか、チン○○からのカテーテルによるレーザーみたいなものでの粉砕(これは下半身又は全身麻酔での手術)とか、内視鏡でチン以外から手術もあるみたいです。

手術後、傷んだ尿管を保護するために「ビッグテイル」なるカテーテルを血液検査、尿検査が落ち着くまで留置しないとあきません。
引き抜く時のために糸とカテーテルを結んでいて、結構この糸が抜けないように気をつけなあきません。
看護師さんにチェックされますよw

私は尿道結石は病気やとは思ってません。
それを、ほっとくのが大病につながります。

2015/09/01 (Tue) 18:20 | Wフォルト | 編集 | 返信

とんびのたかさんへ

>経験済みだわ~

てにままの、胆石の痛みも同様でしたw
痛みには滅法強い私ですけれど
胆石の痛みには勝てませんでした^_^;

>実は私も過去一度。

あらら、女性でもあるんですね~~
よく聞くのは男性の話ばかりでした(^^ゞ

2015/09/01 (Tue) 22:49 | てにまま | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

>効果的な薬はないみたいだし、

だんな様と私と、人間ドックの結果で
腎臓に結石があることは見落としていました!
せめて少しのアドバイスがあったらな~の思い。

>チン○○からのカテーテルによるレーザーみたいなものでの粉砕

だんな様の話では、それになるようです。

三日間の入院でも耐えられるかどうか?(本人より私ww)
9月10月は私の予定が立てられそうにありませんわ!

>私は尿道結石は病気やとは思ってません。

そんなに重大に考えなくてもいいということでしょうか?
普段が健康すぎて、、、痛みが治まっている現在も
「微熱がある」「全く気分が悪い」
などと自分の不健康を「売り」にしている傾向ありなんですよ!

全ては「甘え」からか?爆

2015/09/01 (Tue) 22:57 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック