2015_07
21
(Tue)22:26

くる病って知ってる?

くる病って知っていますか?

骨の病気ですけれど、、、最近増えているそうです!


てにままの育った釧路は、その昔くる病が多い地域でした。
その原因は、夏に霧によって日差しが遮られることが原因だったとか。

日光(紫外線)が身体に悪影響を与えることは周知!

保育園ではプールなど屋外での活動はされていますけれど
小学生以上では、
できるだけ日光のもとでの活動をやめようとする親の意向と、
子供自身の(ゲーム指向による)屋外活動の減少により

くる病が増えているそうです!!!

骨の形成にはカルシウムと共にビタミンDが必須です。
日光に当たることでビタミンDがカルシウムを沈着させるのです。

ほどよい日光浴が、くる病を予防させます。

特に母乳で育てた赤ちゃんは気を付けてほしい。。。




今日も忘れず、愛の一押しを

アトピーで食事制限をしている赤ちゃんは特に要注意だそう!!!



関連記事

コメント

今は、全くと言っていいくらい見かけることはありませんが、小学校の同級生の女の子(今でも名前を覚えてます)がいました。運動が全く駄目で、他はごく普通のコでした。


可能性大の親から産まれ、成長するにつれて骨の異常に
気付くんでしょうか、、、(悲)

オゾン層劣化により紫外線が「極悪人」となり、今や日焼けはタブーとさえ言われるようになってますね。

皮膚ガンorくる病?
どっちも嫌に決まってるけど、適度ってどれ位のラインなんやろうね。

2015/07/22 (Wed) 11:05 | Wフォルト | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

>今は、全くと言っていいくらい見かけることはありませんが

昔は多かったけれど、今は少なくなっています、、、が
増加傾向だそうです。

でも判った時点で治療すると(活性化ビタミンDの投与)
殆どが治るそうです。

医学は進歩しているのですね~

最近、スキンガードのCMが気になっていました
 「お外で遊ぶのに心配ないよう・・・」
デング熱の心配もありますけれど

そーは蚊に刺されると、その部分がシコリになって腫れあがります!
人それぞれですけれど、心配性が他の病気をもたらす
痛し痒しとは、このことです(爆)

2015/07/22 (Wed) 22:36 | てにまま | 編集 | 返信

くる病ですか~
初めて聞きました

カルシウムは日光に当たらないと増えないって言いますもんね。
一日15分程度でも日光に当たった方がいいとか・・・

紫外線も怖いですねぇ
眼球も日焼けするとかで子供でもサングラスをした方がいいとか言われるし・・・

極端な予防もどうかと思うけど・・・
たまには日に当たりたい!って思いますねぇ

2015/07/23 (Thu) 22:35 | ラーダ | 編集 | 返信

ラーダさんへ

>カルシウムは日光に当たらないと増えないって言いますもんね。

日光とビタミンDの関係は計り知れないものがありますね~

骨粗鬆症でもですけれど、骨はカルシウムと日光と適度の負荷・・・

お子さんが「くる病」になってしまうと
親御さんはビックリするでしょうけれど
今は治療(服薬)によって治るそうですから安心ですね^^

2015/07/23 (Thu) 23:29 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック