2015_04
04
(Sat)21:36

肘部管症候群

先日来、テーブルに肘が当たるとピキッと痛みが走るのです。

今日はテニスの予定もないので整形へ行ってきましたよ!
テニ友の情報で名医?を教えてもらいましたww

IMG_4037.jpg
関節(骨)に異常はありませんでした。

先生の診断は肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

レントゲンの矢印部分の尺骨神経(しゃっこつしんけい)が触るのだろうと。

原因は
 ・神経を固定している靭帯やガングリオンなどの腫瘍による圧迫
 ・加齢による肘の変形
 ・子どもの時の肘の骨折による変形
 ・野球や柔道などのスポーツ

テニスエルボーをしたこととは関係ないそうです。

今のところは局所的な痛みだけなので治療の対象ではありませんが
進行すると小指へ痛みが走ったりシビレがでてくるのだと。

実母が正にその肘部管症候群でシビレに悩まされています。
包丁を持つのも雑巾を絞ることにも不自由していて可哀想(-_-;)

まさか遺伝ってことないよね~?!



今日も忘れず、愛の一押しを


ついでに骨密度を測ってもらったら
同年齢の人の118% (やったね) 30才の人とほぼ同じ


関連記事

コメント

No title

骨密度30代、それは若いですねぇ

私の骨密度はどうなのかしら??
案外スカスカだったりして、、、、、

2015/04/04 (Sat) 23:36 | とんびのたか | 編集 | 返信

No title

肘を思い切りぶつけると、ジ~~ンとなるのは、
尺骨神経の関係なんですね~~
メモメモ・・・

2015/04/05 (Sun) 07:34 | かこ | 編集 | 返信

No title

いまだ、ご尊顔を拝したこともないのに
こりゃ又、骨までご披露いただくとはwww(爆)
骨密度は30歳ですか。立派なもんです。

そやけど、そのお土産がこの肘痛なんかな?

>まさか、遺伝、、、
骨格は遺伝しますから当たらずとも遠からず、、なのかも。

2015/04/05 (Sun) 13:59 | Wフォルト | 編集 | 返信

No title

私もまさにそれです!
整形には行ってませんが、時々右手の薬指、小指が時々ピリっと・・・・・
私は死活問題なんですけど~~
右手首も超固くて、それでよくテニスができるねぇ~(ピアノがひけるねぇ~)って、テニスプレーヤーの接骨医に言われてます(≧▽≦)

2015/04/05 (Sun) 18:26 | さくらママ | 編集 | 返信

No title

とんびのたかさんへ

>骨密度30代、それは若いですねぇ

金曜レッスンで、いかにも筋力が無さそうな60代女性も
 「私、30代と言われたよ」

とんびのたかさんだって同じかと^^

骨密度は負荷をかけるほど強くなる&お陽様の力!
テニスをしている女性に骨粗鬆症はないはずです(*^^)v

2015/04/05 (Sun) 21:28 | てにまま | 編集 | 返信

No title

かこさんへ

>肘を思い切りぶつけると、ジ~~ンとなるのは、

ああ、そうなんでしょうね~

てにままの場合は神経が表面近くに出ていて
それが頻繁に起こるという(悲)

2015/04/05 (Sun) 21:32 | てにまま | 編集 | 返信

No title

wフォルトさんへ

>ご尊顔を拝したこともないのに

物凄い「丁寧語」?!?!

FBだったなら「顔晒し」は日常茶飯事ですけれどね~(笑)
なんでしたら時間指定で「顔晒し」してもよござんすよww

>骨格は遺伝しますから当たらずとも遠からず、、なのかも。

今夜、実母から電話がありまして
最初の診断はガングリオンによる肘部管症候群だったそうですけれど
現在のシビレは足先まで進んで、違う病気のようです(-_-;)

それはそれで辛いかと!

2015/04/05 (Sun) 21:45 | てにまま | 編集 | 返信

No title

さくらママさんへ

>私は死活問題なんですけど~~

それは大変ですね~
てにままの前の患者さんと医者との会話が聞こえました。

 「先生、30分くらいピアノを弾くのは構いませんか?」

 「う~む、それも控えたほうがいいと思うよ」

私と同じ症状なのかは判り兼ねましたけれど
彼女は湿布と痛みどめを処方されていました
(てにままには何もなし)

整形は当てになりません(^_^;)
接骨医での治療に期待しましょう!

2015/04/05 (Sun) 21:54 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック