2014_02
20
(Thu)22:25

モチベーションをあげる

月一の木曜練習会へ(車で一時間^_^;)

ペアさんと三つ合わせて「指が痛いので、もう止める」というペアさん。
てにままも帰ろうかと思っていたら、

 「てにままさん、ピンで一つお願いできる?」

練習会の主催者に頼まれました。

ここでペアさん以外の人と組むのは滅多にないことです。
4人でジャンケンしたら、その主催者さんと組むことに。

対戦したことはあっても、組むのは初めて!

いつもはバックサイドをするというので、てにままはフォアを。
 
 「リターンが甘くなるかもですけどね」と先に言いわけ(爆)

いやぁ~褒めてくれるんですよ^^
ポイントごとのハイタッチはもちろんのこと

 「いいコースですね~」  当たり前のオープンスペースw

 「助かりました^^」   30-40をジュースに戻した時

 「読みがいいんですねぇ」 咄嗟に飛びついただけです^_^;

 「落ちましたね!」    ドライブは持ち球ですが(笑)

 
彼女の繰り出す球がスピードがあるし、ケアもいいので
浮き球がくることが多くて、
てにままにとっては「ミスできない」緊張感(笑)

全てにおいて気持ちよくプレーさせてもらいました。



どちらかというと余り言葉を発せずにプレーしがちな私!


ペアのモチベーションを↑↑にする言葉の数々

・・・見習いたい!とツクヅク肝に命じましたよ(^-^)





今日も愛の一押しを!






関連記事

コメント

そんなに褒めてもろたら、私がてにままさんの立場なら耐えられませんワ(笑)

劣等感の塊の私なんで「たまたまショット」をそんなに褒められると却って緊張が高まりミスれないプレッシャーでダメになりそう(笑)

「豚も褒めれば木に登る」ならぬ
「豚も褒めすぎれば登れない」なんです。

この前も、市では名の知れたコーチがゲストに来られて私と組むことがありました。0で勝ちましたが、「ナイスブロック!」とストレートをケアできた時の一言だけでした。

これくらいの声掛けが気が楽ですーーー。笑

********
私のこの緊張感とモチベーションはやや違うように思いますが、
私が「ヤル気」が起きるときって、自分より格上と感じた相手とか、
ボデイショットしといて黙ってる奴。とかは
「ヤル気」起きますねーーー!!




2014/02/21 (Fri) 11:46 | Wフォルト | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

>耐えられませんワ(笑)

いや、さりげなくて耐えることはできましたが、、、
なんとなく「上から目線」を感じましたヾ(´∀`o)+

彼女、ピン参加の年長者と組んであげることが多く
私も、その一人の感覚なのかも?って僻み(爆)

まだまだ「対等」で居たいですよ(爆)

2014/02/21 (Fri) 23:54 | てにまま | 編集 | 返信

>なんとなく「上から目線」を感じました

いや、その逆だとおもいますよーー。
(主催者にはそういう人、多いっすよw)

来月、きっちりシロクロつけたりナ。(笑)

2014/02/22 (Sat) 01:29 | Wフォルト | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

ピン参加の年長者と組んであげることが多い彼女、
その年長者たちは、試合に出ることがなくなって
ペアがいないのでピンなんですよ!
つまり組んでくれる人がいなくなった「動けない人たち」w

傍から観ていたら、てにままも同類項に見えていた?
そんな想いが沸いてきたんですよ。
「思ったより結構やれる人なんだ」みたいにね(笑)

2014/02/22 (Sat) 22:57 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック