2013_10
10
(Thu)21:07

錦秋特別公演 芯

今日は新しいジャンル『和』に挑戦^^

shin_HP_top.jpg
和太鼓を演奏するTAOと津軽三味線の高橋竹童さん
歌舞伎界からは中村屋の勘九郎さんと七之助さん

彼らのコラボライブです^^


『芯』とは、日本人ならではの心、揺るぎない心、芯の通った心のこと。


全国10か所で開催された『芯』は、今日が最終日(最終地)だそうで
遠くから訪れた着物姿のおばちゃまが何人もいらっしゃいました。

歌舞伎の段になって、勘九郎&七之助が左袖から登場すると早速に

「なかむらや~~~!」

の掛け声が(@_@;)


演目は「団子売り」だけの短いものでしたけれど
こうやって歌舞伎に慣れ親しんでいくのはいいですね^^

「中村屋~」の声が出せるようになるには当分かかるでしょうけど(爆)




今日も愛の一押しを!



TAOが直径4尺はあろうかという大太鼓を叩くのです。
それが後ろ姿で、、、叩くたびに背筋が!

そして段々と汗ばんできて最後には汗まみれ! なんともセクシー

歌舞伎も筋肉を使うでしょうし
伝統芸能といえど筋トレは欠かせないみたいな(爆)



関連記事

コメント

一度はこういう和の伝統文化にふれたいものですね~

津軽三味線は青森で聞いたけど、
歌舞伎なんて見た事がないし、一度は見て見たいけど、果たして理解できて間も持つんだろうか・・・と躊躇してしまいます。

高いお金を払って見に行って「こ・・・これは・・・難しすぎる…」と思うくらいなら、短い演目で様子見でもいいかも・・・

これでもしハマったら・・・?
高い趣味になりそう~

2013/10/11 (Fri) 00:14 | ラーダ | 編集 | 返信

想像するだけで・・・粋な色気が漂ってくるわぁ~(爆)

2013/10/11 (Fri) 01:08 | とんびのたか | 編集 | 返信

藤沢周平原作の時代劇映画にも歌舞伎の役者さんはよくではりますね。
片岡愛之助、市川猿之助、それにキムタクの「武士の一分」での阪東三津五郎は憎たらしかったですねーーー。
でも、皆さん殺陣が綺麗で魅せますね。

「ナカムラヤーー!!!」の掛け声ですが
これを「大向こう」(おおむこう)っていうんですよね。席の位置をさしてもので、おもにその席からの掛け声が多かったので、いつからか、場所またはそのもの、をいうらしいです。

中村屋を「ムラヤッ!」とかいってハッキリいうのは野暮なんですって(笑)
だいたい、演目によって掛け声の場所があるらしいです。役者もそれを待っていて自身が乗って演じれるものらしいですよ。
それこそ、通ぶって可笑しなところでの「大向こう」はかえって恥をかくようなものですね。

それと、男性でよく通る声がいいとか、、、ww

テニス観戦もため息の「アー・アー」はやめて
「大向こう」みたいな掛け声ないですかねーーー。
ニシキヤ!とかクルミヤ!とか

2013/10/11 (Fri) 19:50 | Wフォルト | 編集 | 返信

ラーダさんへ

>歌舞伎なんて見た事がないし、

てにままも初めてでした。

>>高いお金を払って見に行って「こ・・・これは・・・難しすぎる…」と思うくらいなら

短い演目だったこともあり、内容が判らないということはなかったけれど
逆にもう少し「濃い」ものを選んで欲しかった気持ちです。
やはり予習は必要かもしれませんね^_^;

とにかく所作が色っぽい!
中腰の時間が長くて、あれは腰を傷めそうだな~と
要らぬ心配をしてしまいましたw
歌舞伎も体力勝負みたいです(爆)



2013/10/11 (Fri) 23:06 | てにまま | 編集 | 返信

とんびのたかさんへ

TAOを見ていたら名古屋の武将隊を連想してしまいました(笑)
あういうナルシストみたいで、気を引こうとしているのか
大げさな表情をする(若い)男は苦手です^_^;
だからこそ、大太鼓の後ろ姿が良かったなり~(爆)

歌舞伎の二人のにじみ出る色気・・・惚れ惚れ!

2013/10/11 (Fri) 23:12 | てにまま | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

色々とご存じなんですね~( ´ ▽ ` )ノ
大向こう・・・wikiしてみましたら
>桟敷席や1階席から声をかけるのはご法度とされる。
なんだそうですが、、
今回の大向こうは一階席(てにままの横にいた着物姿の女性)でしたよ(爆)

>通ぶって可笑しなところでの「大向こう」はかえって恥をかくようなものですね。

ま、タイミングとしては
花道から入場の時でしたから
芝居の邪魔にはなっていませんでしたけれどねww

>テニス観戦もため息の「アー・アー」はやめて

溜息問題ですよね~
今、パソと並行して上海OPナダルvsバブリンカを観ています。
やはり中国の観客のマナーは低いです。
溜息どころか、変なところでの指笛とかが何度もあって
審判の「サンキュー」が連呼されています。

2013/10/11 (Fri) 23:27 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック