2013_08
12
(Mon)23:11

ドンゴロとドンガラ

今年は蝉が多いとか、少ないとか、
各地で言うことが違っているようですね~(笑)

てにまま家の周りでは、蝉は例年より少ないように思えます。
少ないといっても十分に多いんですけど(爆)

樹の幹に、隙間がないくらいビッシリと停まっている・・・
みたいな年もあるのです。
それに比べたら、まだまだ人口密度いえ蝉密度は少ないような(爆)

でも、ちょっと例年と違うと思えるのは
昨年までは8割がクマゼミだったのに、アブラゼミのほうが多いみたい。

そして、ひなたんばーばさんが住む札幌でクマゼミが多くなったって!(@_@;)
温暖化でクマゼミまでも北上中?


映画やドラマで、夏を連想させるBGMに♪ミーンミーンを使いますよね~w
あの声は夏の風物詩とも言えます^^

でも、ミンミンゼミは愛知のような暑すぎる所には住めないのだとか!
東京の宮下公園近くのケヤキの木陰で聞いた♪ミーンミーンが懐かしい。



今日も愛の一押しを!


セミの幼虫が土の中から出てきて羽化します。

その幼虫のことを、この辺ではドンゴロと呼びます。

そして抜けがらをドンガラと言うのだそうです。

この呼び方は、かなり局地的?!(笑)

あなたの地方では何とよぶのかしら?
ちなみに、てにままが生まれ育った釧路にはセミがいませんでした(たぶん今も^_^;)


関連記事

C.O.M.M.E.N.T

ドンゴロ、ドンガラですか、、、
奥は鹿児島、私は佐賀、熊本ですがそんな言い方初耳です。
そのまま「蝉の幼虫」であり「蝉の抜がら」ですww

7年地中で、地上が7日間。
子孫を残すという本能が地上に向かわせるのでしょうか、、、でも、重なってる蝉をみたことないしなぁ、、、(笑)

2013/08/13 (Tue) 19:25 | Wフォルト #- | URL | 編集 | 返信

うちのほうでは、なぜか今年はセミが少ないです。
今になってようやく出始めた感じ・・・。
しかも、ヒグラシがおおいですね。
全体的に他の地域に比べて気温が低かったせいかもしれません。

そして、ドンゴロ、ドンガラ。
うちのほうでもいいませんね~。
初めて聞きましたよ。
地域色がでて面白いですね。

2013/08/13 (Tue) 22:55 | 和 #Xqd.HNrY | URL | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

>そのまま「蝉の幼虫」であり「蝉の抜がら」ですww

金曜レッスンの面子でも、ごく限られた‘三河’の人しか知らない言葉でした。

>重なってる蝉をみたことないしなぁ、、、(笑)

確かに!!!
それにしても固い地面に開いている穴をみると
ドンゴロ(幼虫)の生命力をひしひしと感じます。

2013/08/14 (Wed) 00:41 | てにまま #.I.8kfCM | URL | 編集 | 返信

和さんへ

>しかも、ヒグラシがおおいですね。

あらら、ヒグラシって涼しくなってから出現するセミですよね~?(@_@;)
もう出てきましたか!

ドンゴロ、ドンガラは、本当に限局した地域での言葉のようです。
どこか他の地方で、違う呼び方があったら知りたいですね~(笑)

2013/08/14 (Wed) 00:44 | てにまま #.I.8kfCM | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック