2013_06
07
(Fri)22:56

ワンコの白内障

今日はココアの定期検診。

フィラリアの薬とフロントライン(蚤ダニ避け)で
月に一度は病院へ行っています^_^;

 「心臓の音もいいし、全て問題ないですね」

お医者さんの言葉です。

でも、瞳がちょっと曇っているような気がして
白内障について質問してみました。

確かにココアも白内障の症状があるそうです。
でも治療の対象になる程ではないとのこと^^

人間様が高齢になると、
3割くらいの人は白内障の手術をしているように思えます。
MYお婆さんも予防のために点眼薬を使っています。

ワンコも手術をすることがあるそうです。
ただしワンコの手術をできる専門医は日本に12人しかいないのだそう(-_-;)

もしも失明したとしても、室内犬である限り
聴覚と嗅覚、過去の経験を生かして十分に生活できているのだとか。
室内なら走ることもあるらしい。。。お外での散歩では電柱にぶつかったりする。

つまり白内障になっても手術することなく
全盲のままのワンコが数多くいるってことなんですね~ヾ(´∀`o)+

PETの高齢化に対して、色々な対策グッズも開発されています。
でも肝心の病気への対応は、まだまだ遅れている現状かと感じました。




今日も愛の一押しを!



あるサイトからのコピペ・・・

白内障が多く見られる犬種には、
ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、シーズー、
ヨークシャーテリア、シベリアンハスキー、柴犬、
アメリカンコッカースパニエル、ビーグル、マルチーズ、
ボストンテリア、パグ、シュナウザー、ウェルシュコーギー、
プードル、ダックスフンド、ダルメシアン、などがあります。

・・・チワワは入っていないんだけどなぁ~^_^;
関連記事

コメント

始めまして!

始めてコメントさせて頂きます。

わんちゃんの白内障。。。
ゴールデンレトリーバーなどの大型犬もなるのですね!小型犬がなりやすいのだと思っていました。(以前 地面の熱や反射?でなりやすいとかなんとか聞いた覚えがありましたので…関係ないのかしら?)

人もわんちゃんも健康第一ですね!
てにままさんもお身体にはお気をつけて!

2013/06/08 (Sat) 00:54 | ma-m. | 編集 | 返信

人間様と同じような老化をたどるんなら
当然「老眼」にもなるんやろか、、、ww

ヤフオクでWのオムニコートシューズのおろしたて履いたにもかかわらず、
不覚にもゲーム中逆をとられてころんでしまった(笑)

皆は、「砂が少ないから引っかかり易いで!」と慰めてくれたけどーーーーうむー

2013/06/08 (Sat) 19:39 | Wフォルト | 編集 | 返信

ma-m. さんへ

こちらこそ初めまして!!!
初コメ、ありがとうございますm(__)m

>地面の熱や反射?でなりやすい

なるほど~~!そういう原因もあるのですね^_^;
散歩の時にココアにサングラスをさせる訳にもいきませんが(爆)

>てにままさんもお身体にはお気をつけて!

ありがとうございますぅ( ´ ▽ ` )ノ

これからもコメント、よろしくお願いしますね^^
初コメって、めっちゃ嬉しいのですwww

2013/06/08 (Sat) 23:05 | てにまま | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

>当然「老眼」にもなるんやろか、、、ww

わお~っ、「老眼」のことは思いつきもしませんでしたっ(@_@。
ココアも、既に中年の領域(笑)
飼い主に似て早めに発症してるかも?ヾ(´∀`o)+

オムニコートって、膝や腰には優しいらしいですけれど
砂の量によって滑り(引っ掛かり)が丸で違う!
・・・これってなんとかなりませんかね~(笑)

2013/06/08 (Sat) 23:09 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック