[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->


Bオフへ行ってみた

少しずつ、少しずつ、断捨離(だんしゃり)をしています。

一年ほど前に長女が整理してくれた本棚が再びマンタンにヾ(´∀`o)+
買ってから未だ一年以内の単行本や文庫本&残してあった古い本w

てにまま、読了が早いほうですから本の状態も良好です。
カバーはかけたまま、帯も栞もそのままにしてあるんです。
本屋さんの棚に戻したって新品として売れるくらい綺麗なんですよ~!

いつもならゴミとして出してしまうのですけれど、残したいもの以外を
生まれて初めてBオフへ持ち込んでみました~!
130421_212117.jpg

60冊のうち、2冊は値段が付かないと戻されて、、、
58冊が合計3440円になりました。

状態が良くて売れそうな単行本は(価格にかかわらず)一冊150円。

査定の間に本棚を眺めていたら、
その、売れそうな本たちは定価の半額+50円の値段設定でした。
つまり定価1600円だったなら800+50=850円。

価格の3割ほどで引き取るのかと思っていましたから
売値850円なら250円にはなると思っていたんです。

 「タダ同然にしかならないよ」息子のいう通りでしたぁ~^_^;


それでも捨てるはずのものが3440円になったのですから文句も言えませんw
今は買い取りUPキャンペーン中(期間限定 4/20→5/2)で
650円分のクーポンももらえました^^
ただし、これを使ってやろうと本棚を眺めても、欲しい本が無かったのは残念無念(爆)



今日も愛の一押しを!



それにしても、昔からの値(あたい)が判る古本屋さんなら、
どんな値段になるのでしょうね(笑)

ビブリア古書堂の事件手帖(1) (アフタヌーンKC)ビブリア古書堂の事件手帖(1) (アフタヌーンKC)
(2012/12/21)
交田 稜

商品詳細を見る





関連記事

コメント

読書

テニスだけじゃなく読書でも 趣味が一緒でしたね♪
Bオフでしたかぁ~
ウチは殆ど文庫ですから どうなんでしょうねぇ~
だって導入剤替わりには文庫がサイズ的に良いですから~
あっ値段的には もっとっです(●´ω`●)ゞエヘヘ
百田さんの海賊は早く読みたいってpapaッチの要望で文庫 上下
モンスターは文庫ですからお買い上げ
毎月5千円以上本代に消えてしまいます┗(-_-;)┛

つい最近、ラケットをリサイクル屋さんに持って行くとなんと500円(驚)
なんだか、思い出のショットも一緒に売ってしまったような罪悪感が残りましたww
本とはまた違った愛着があるんでしょうね。

ところで「断捨離」という言葉ですが、恥ずかしながら初耳でした。
息子二人は知っていたので幾らか救われた感はありますが、やはり読書苦手が災わいしてるんかな~~~。

わこさんへ

>テニスだけじゃなく読書でも 趣味が一緒でしたね♪

ほお~っ、わこさんも読書家なんですね(^O^)/
若いころのように夢中で本を読むという時間はなかなかとれませんが
少しずつでも活字から離れないようにしたいと思っています。

>ウチは殆ど文庫ですから どうなんでしょうねぇ~

文庫になるまで待てない時もあるんです(笑)
電車の中や病院の待合などでは文庫本のほうが便利ですよねw

>毎月5千円以上本代に消えてしまいます┗(-_-;)┛

文庫で5千円って、かなりの読書量とお見受けしますヾ(´∀`o)+
それにしてもBオフの本棚に読みたい本が皆無だったことには衝撃でした。
もっとも、そういう本から売れていくのでしょうけれど(爆)
一冊105円からありましたよ(@_@;)

Wフォルトさんへ

>つい最近、ラケットをリサイクル屋さんに持って行くとなんと500円(驚)

ゴルフクラブも哀しい値段にしかならないようです^_^;
名器と言われたパーシモンでも「売れない」からと
お引き取りだったそうですし!

本は読んだら記憶に残り、洋服は流行もありますし着倒した気分で
手放すことに未練が残りません。
でも、テニスのラケット、、、未だ捨てたり売ったりはないですね~
全て譲り渡して、テニ友の子供たちが使っているはずw

>ところで「断捨離」という言葉ですが、恥ずかしながら初耳でした。

読書量とは関係ないかと^^
一時期ワイドショーなどで取り上げられた言葉です。
てにままもTVで知りました。

ワタクシ、かつて古書店でバイトしたことがあるんですよ・・・。
そのお店は通販が主で、看板も特に掲げていなかったのですが、たま~に直接来られるお客様もいるような、ちょっと従来のイメージとは違う感じの古書店でしたが・・・。

所謂、普通の小説や文庫本などは、従来の古書店でもBオフとそう買値は変わらないと思いますよ。最近はどこもネット販売もしてらっしゃいますから、他店との値段競争なんですよね(苦笑)
ただ、古書店にはそれぞれ得意分野というものがありまして、少し専門性のあるものでしたら、その分野のものを多く取り扱っているお店に売られることをお勧めします♪

桔梗さんへ

古書店ですか?!
古本屋って呼び名よりイメージが格段にあがりますね(笑)

それにしても出版業界にとってBオフは天敵!
細々と営業している昔ながらの古本屋さんが
自分の立場(日陰の身)をわきまえているようで健気に思えます(爆)

今回思ったのは、
せめて友人たち3人くらいに貸してから売るべきと!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)