2012_09
30
(Sun)16:25

里帰りしたくなる街

DSC00728.jpg
100周年の同窓祝賀会には1200名ほどの出席だったそうです。

遅刻して会場へ着きましたら、大勢の同期生に声をかけられました。

 「おい!☆☆(てにままの旧姓)来てたのか?」

ちっとも思い出せません^_^; てにままの、その表情を読み取って

 「俺のこと、わかんない?」

ごめんなさいm(__)mほとんど全員が判別不能でした~(~_~;)

高校で同じクラスになったことがある人なら微かに残る面影を
無理やり探し出して「ああ彼だったかな~」と自分を納得させる次第(笑)
でも小・中・高と一緒だった人は直ぐに思いだせるんですよ(これも不思議)

祝賀会が終わって、最後に役員さんが

 「釧路の発展のために、直ぐに帰宅せず必ず飲み屋で二次会をしてください」

これには笑っちゃいましたね^^(二次会はもちろん行きましたがww)

確かに釧路は段々と寂れていってます。
繁華街を歩く人も道を走る車も少ないな~!

地場産業の発展も大切だろうけれど
隣接している「阿寒国立公園」「釧路湿原国立公園」の二つの国立公園!
霧の摩周湖も世界遺産の知床も近いのです。
観光の拠点として魅力のある街になることが生き残る道の一つ?

それは同郷人が「里帰りしたくなる街」になるってことかしら?!



今日も愛の一押しを!


関連記事

C.O.M.M.E.N.T

工業、観光、漁業と東北海道の中心ですが、
国立公園隣接市にしては交通手段がもう一つやなという印象がするんですが、、、

足寄出身の政治家さんのバイタリティーに期待する
ところも大でしょうね。

1200人もの力が結集したら大きいですよ。


2012/10/01 (Mon) 19:52 | Wフォルト #- | URL | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

漁業といえば、ニュースで釧路港に鯖があがると言ってましたね。
昔は釧路にも鯖を加工する工場があったそうですが無くなってしまい、
鯖は足が速い(傷みが速い)魚ですから出荷にも苦労して
本当に困っているようです。

>交通手段がもう一つやなという印象

釧路は霧が多い地域です。霧による欠航率はとても高かったです。
そのせいで帯広や女満別空港からのツアーが多くなりました。

ムネオさんが失脚してから、衰退の一途のように思えます。
偉大なるリーダーの出現を待つしかない?

2012/10/01 (Mon) 22:22 | てにまま #7JmGNjDg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック