2012_07
12
(Thu)21:20

たったひとつのたからもの

120712_105118.jpg
さて、この絵は何を描いているのでしょう?(絵をクリックすると大きくなります)


絵を描いたのは近所に住むエンジェル君です。
生まれた時には20歳までは生きられないだろうと言われながら
現在は30歳を超えています。

彼の笑顔は正にエンジェル!

そんなエンジェルベビーのことを書いた本・・・

たったひとつのたからものたったひとつのたからもの
(2003/11/25)
加藤 浩美

商品詳細を見る

松田聖子さんがエンジェルベビー秋雪くんの母親として主演して、映画にもなっていますね。


エンジェルくんの出産予定日はてにままの娘と同じでした。

ひょっとして、コウノトリはてにままの家へ彼を運んだかもしれない。。。
そう思うとヒトゴトではないのです。

1000人に一人で生まれる確率があるというエンジェルベビー。
たまにしか顔を合わせることはありませんけれど
そのたびに彼の笑顔に癒されています^^



今日も愛の一押しを!


さて、この絵は何を描いたものか?答えは続きに、、、




彼が初めてボーリング場へ行った日にウキウキで描いた絵・・・

ボーリング場のレーンを上から見た(想像の)絵なんですよ~!

彼の感性に拍手してくださいな^^


エンジェルベビーとはダウン症の子供を指します。
ダウン症の子の笑顔が素晴らしいことから来ています。

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

昔、TVで観ました。

もう内容はすっかり忘れてますが、人の親ならわが身におきかえて観ない人はいないと思いますよね。
私の生活の中で関わることはありませんが、たまに街なかで見かけたりします。
そして、うちの子は(勉強ができなくっても)普通でよかったと自責の念にかられながらも頭をよぎってしまうんですよね。仕方ないです。
でも、いざという時どう接すればいいのか、、、そういう覚悟も同時にもってないといけませんよね。
逃げてばっかりじゃなく、どう受け入れるのが彼等にとってベストなのかを。

>生まれた時には20歳までは生きられないだろうと
そういえば、「ご年配の方はあまり見かけないな、、、きっと施設にはいっていて世間に出る機会はないのかも」なんて思ってましたが短命ってこともあるんですね。

そいう私の弟は小児喘息で15年の短い命でした。生きてれば58です。

今日はテーマはいろいろ考えさせられました。


2012/07/13 (Fri) 14:33 | Wフォルト #- | URL | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

>人の親ならわが身におきかえて観ない人はいないと思いますよね。

高齢出産が増えている現在、その不安に陥っている妊婦は多いと思います。羊水検査で妊娠を諦める人は9割と聞いています。悲しい現実ですね。

>逃げてばっかりじゃなく、どう受け入れるのが彼等にとってベストなのかを。

個人個人としての日常での接し方もですけれど、企業には障害者雇用促進法によって雇用する労働者の1.8%に相当する障害者を雇用することが義務付けけられています(障害者雇用率制度)。納付金を納めることで雇用から逃れている企業が多い現在、これこそが逃げだと考えます。

>今日はテーマはいろいろ考えさせられました。

ありがとうございます。嬉しい言葉です。突っ込めば色々と発展していくテーマですけれど、この場ではなく、皆さんの心のなかで考えて欲しかったのです。

2012/07/13 (Fri) 22:00 | てにまま #.I.8kfCM | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック