2011_12
13
(Tue)22:36

ジャッジ

ペアさんのところに深いロブが行きました。

追いかけたけれども間に合わない。。。

 「あ・う・・・と?!」

ペアさんが、そう言っててにままの顔を見る。
でもその時すでに、てにままの両手が
野球の審判員のように開いていました(爆)・・・「セーフ!」



かの一方で、てにままへ深いストロークが。。。。
アウトとコールする前に、相手前衛(そのショットを打った人ではなく)が

 「入った!!!ナイスショット!」

ぐわ~~~っと押し上げる、むかつく気分を抑えてペアさんとアイコンタクト!

 「アウトだよね?!」
 「私もアウトです」

きっぱりと返事してくれたのが嬉しかったな!
これが「わかんない」「みえてませんでした」とかだと
疑わしきは・・・で、INとしなければいけませんもの。

セルフジャッジって一体?!?!

相手側が先にコールするのは如何なものか?!

心優しい人は、自分がOUTと思っても、確信をもった声で「IN!」と言われたなら
自分の判断に揺らぎを覚えてしまう。。。l
そして敢えて覆すことをしない・・・

「INになれば儲けもん!?」「言ったもん勝ち」・・・
そんな浅はかな考えからか、際どいときには
必ず・・・「OUT!」コールを先にするんですね?!(悪質)

こういう輩と「遊び」たくな~い。( ̄ε ̄#)





今日も愛の一押しを!








関連記事

コメント

ジャッジ

そういえば、団体戦でやたらミスジャッジ(自分に有利な)を
連発するチームがありました・・・
ブーイングすると、オーバーアクションでマークを(苦笑)

セルフジャッジは、相手有利が基本なんですけどねぇ・・・
その人の性格によっては、自分の有利な方に、
ホントに見えてしまうんでしょうね・・・

学生の頃・・・女子プロの試合のジャッジを1人でやったのですが・・・
球が速すぎて、ミスジャッジの連発でした(汗)
途中から、セルフジャッジになってましたよ(爆)
オイラはスコアーをコールするのみ!

2011/12/14 (Wed) 00:27 | | 編集 | 返信

No title

徹さんへ

>そういえば、団体戦でやたらミスジャッジ(自分に有利な)を
 連発するチームがありました・・・

こういうのって倫理観もありますから
チーム全体の意識が希薄なのか、常習犯の集まりってこと?
厭ですねぇ~(怒)

>ホントに見えてしまうんでしょうね・・・

加齢とともに、は言われます。
目が悪くなっただけではなく、思い込みでジャッジしてしまうらしいの。
この軌道だとアウトになるに違いない、で
バウンドしたタイミングで「アウト!」と発してしまい、違っていても訂正しないとか。

テニスが本当に上手な人はジャッジも綺麗です。
(てにままに関しては、それは正比例してませんがww)


2011/12/14 (Wed) 20:45 | てにまま | 編集 | 返信

No title

>相手側が先にコールするのは如何なものか。
似たようなことで
ベンチでテニ友の女子仲間同士のゲーム中、自陣に来た深い球がワンバウンドする前に
「アウト!」コールを度々するので叱ったことがあります。
ペアさんへのかけ声ならば「ウオッチ」はあっても「アウト」はありえませんし
当人のジャッジに影響しますしね。
又、ギャラリーがラインズマンになったりするのも度々(笑)
対外試合(遊びの)も年二回ありますので、それが応援のかけ声でも私がいさめないと
肯定となりますので注意します。(テニスはともかくその前に紳士淑女でなければ、、、)

ウインブルドンでのジャッジさえ100%絶対はありえません。
ましてや、我々の趣味テニスでのセルフジャッジに完璧など無理でしょう。

>「私もアウトです」
いいですね、究極のコールですね(笑)
ジャッジにもこのコンビネーションが大事ですよね。

2011/12/14 (Wed) 21:17 | Wフォルト | 編集 | 返信

No title

Wフォルトさんへ

>ペアさんへのかけ声ならば「ウオッチ」はあっても「アウト」はありえませんし

「アウト」と外人のプロのダブルスで言っているのを聞いたことがあります。
プロの試合なら審判が付いていますからいいのでしょうかね!?

>又、ギャラリーがラインズマンになったりするのも度々(笑)

それを試合でやられたことがあります!
こちらがコールする前に「ナイスIN!」とか言われて、、、覆すのを諦めたことも(怒)

プレーしていても終わった後も気持ちがいいように
相手を敬い、ペアを尊び、の潔いテニスをしたいものです。

2011/12/15 (Thu) 21:35 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック