2011_11
04
(Fri)21:13

ロブとスマッシュ

金曜レッスン。

先週の、デッドゾーンからのスマッシュ・・・の続きw

ロブにも色々ありまして、、、
①普通のロブ・・・雁行であれば後衛に処理されます。
②スライスロブ・・・短くなっても相手スマッシュがネットにかかる確率高し。
③スピンロブ・・・バウンドさせての処理ではチャンボが上がる確率高い。

ロブをいかに巧く上げるか?そして、そのロブを
いかに上手にスマッシュできるか?

今日は、そんなメニューでした^^


一方はロブしか上げてはいけない、の条件付きで形式が始まりました。

デッドゾーンでスマッシュさせるということは
もしも、それを落とした場合エンドラインに落ちる球なのであって、
とっても有効なロブなんですねぇ~!

もしもエンドラインに順回転のロブが落ちて、
相手がそれをバウンドさせたなら、、バウンドは跳ね上がり
返せないか、返せたとしても弱々しい返球になり、
ロブを打った側にとっては、とっても有利になるといえます。

それをバウンドさせずに返す・・・それも(一応)スマッシュの形で!

これって相手にとっては、少なからずの脅威です。

かといって、この立ち位置からスマッシュをするのも技術がいる。。。
スマッシュをする?ハイボレーにする?
どちらの選択にしても高いところにラケットをセットすることで
相手は身構えることは必至!・・・身構えさせるだけでも有効なモーションです^^



 「たまには集中的にロブを上げる練習するのも、いいわねぇ~!」

コーチの言葉は、自分自身に言っている言葉のようでしたが(爆)
てにままにとっても、とってもいい練習になりましたっ!

苦し紛れに上げるロブと意識的に上げるロブ・・・
この違いは、とっても大きいのよヾ(´∀`o)+





今日も愛の一押しを!


レッスンが終わってからのゲームで、、、
いいロブをあげられるのですけれど
相手から、もっといいロブが上がって。。。ヤラレテしまいましたっ!
レッスンの成果は、てにままだけじゃなく
全員に効果あり!だったのですねぇヾ(´∀`o)+


関連記事

コメント

ロブ

私も、ロブ職人を目指し日々研鑽を(爆)
リターンロブをストレートに上げて、前衛抜いて、
そのまま自分はネットまで詰める!
思いっ切り詰めに行くので、ロブで返されると、
ちょっとヤバイ(汗)

ロブは、それ自体の精度も大事ですが、
ロブ打った後に、ドコに動くか!?
こっちの方が大事な気がしますw
スマッシュ打たれるにしても、
ポジションが良ければ、返せますしね☆

2011/11/04 (Fri) 23:38 | | 編集 | 返信

てにままさん、こんにちは。

 いいところへロブを上げられたぞと
喜んだのもつかのま
しばしばもっと厳しいロブにやられてしまう
ひらゆうです。

 今日の記事もとても勉強になります。
 ありがとうございます。


 話が少しそれるかと思いますが、
私たちのコーチは
「試合に出たらまずロブを上げて
相手がスマッシュを打てるかどうか確認しましょう」
とも教えてくれました。
  (・・・ミンナソウナラッテルカモシレマセンネ)


  11月5日 ひらゆう

2011/11/05 (Sat) 12:06 | ひらゆう | 編集 | 返信

Aへの壁

なぞなぞです。

好きなのに、嫌いなもの、、、(B'級・女子ダブに多し)

答え。

ロブとスマッシュ練習。

練習試合でもとにかくロブだらけで、1ポイントの時間が長いこと、長いこと(笑)。まるでバドミントンかはねつきかというゲームを観ることがあります。

せっかくのTエリア付近のチャンボをわざわざ上げてバックアウト↓↓とか、又は浅いロブをスマッシュミスとかです。考えるに
不思議とロブ練習ってしませんよね、スマ練の相手になって打ちやすい球しか上げてないし、自身のスマ練も1分もしたらハーハーです(話が私のことになってきた)笑

深い球を出してもらって、それを深く返す練習(ロブでも、ショートクロスでも)するとか。
今回のテニままさんのレッスンは地味やけど、ある意味Aへの試金石スキルのひとつですね。

2011/11/05 (Sat) 12:45 | Wフォルト | 編集 | 返信

はじめまして

はじめまして、やまだです
4月からテニスコーチのバイトをはじめました

大学に入ってから自分のテニスを
変え始め、ロブを多用するようになりました

速いスピードの中ロブで甘いハイボレーを誘って
試合を組み立てるとか、ロブって奥が深い\(^o^)/

2011/11/05 (Sat) 19:40 | やまだ | 編集 | 返信

徹さんへ

>私も、ロブ職人を目指し日々研鑽を(爆)

いいですねぇ~「ロブ職人」ww
このレッスン仲間にも、
コーチから「ロブ職人」と言われているメンバーがいるんですよ!

>ロブは、それ自体の精度も大事ですが、
 ロブ打った後に、ドコに動くか!?
 こっちの方が大事な気がしますw

まったく同感です^^
ロブを打ったら必ず前へ出ます(いつも出るんだけどww)
位置はサービスラインのちょっと後ろくらいですね~♪
そこならロブで返ってきても処理できますし、
相手がスマッシュしてきても返せる位置です。

思いっきり詰めるのは得策ではありません(爆)

2011/11/05 (Sat) 20:49 | てにまま | 編集 | 返信

ひらゆうさんへ

>しばしばもっと厳しいロブにやられてしまう

この日のゲームが正に、そういう風でした(笑)
ロブを打って前へ詰めると
回転がかかったロブこそノーバンで処理しなければ
まったくと言っていいほど返せません_| ̄|○
相手に拍手!でしょうねww

>「試合に出たらまずロブを上げて
 相手がスマッシュを打てるかどうか確認しましょう」

ほ~~っ!そういう教えはもらったことがありません。
それで一発決められちゃったら、、、萎えるってことは?(爆)
昔、試合開始の一球目をストレートロブをあげてポイントを取ったら 
 「いきなりロブだなんて!嫌ねぇ~!」
と嫌みを言われて、、、逆に憤慨したことがありましたよ!
何やったっていいですよねぇ?(笑)

2011/11/05 (Sat) 20:56 | てにまま | 編集 | 返信

Wフォルトさんへ

確かに初中級の女Dではロブ合戦が多いかも?(笑)

この日のレッスンの形式になってからは、
3球目には突くなり前衛に触らせる球を混ぜるようにの指導がありました^^

>深い球を出してもらって、それを深く返す練習

コーチが相手のとき(てにままがロブ係)
サービスラインのちょっと後ろで、
スマッシュではなくボレーで数球カットされて、、、
 「ああ、スマッシュの練習がしたいのよ~!」
と言われてしまいました。

つまり、浅いところで打つスマッシュは練習するまでもないので、
一番スマッシュしにくいロブを打ってみろ!と催促されたのです(笑)
ロブって数打たないと距離感がつかめないのです。
その後は褒めてもらえるロブが打てるようになりました(感謝)

2011/11/05 (Sat) 21:05 | てにまま | 編集 | 返信

やまださんへ

初めまして!てにままワールドへようこそ( ´ ▽ ` )ノ
テニスコーチのバイトですか^^
MY金曜コーチも大学時代からコーチのバイトをしていたそうです。
大変でしょうけれど頑張ってくださいね。

>速いスピードの中ロブで甘いハイボレーを誘って
 試合を組み立てるとか、ロブって奥が深い\(^o^)/

ロブやロブボレーを嫌う男性コーチもいますけれど、
作戦的には欠かせませんよねぇ?!
速いスピードのロブですか~~
深ければそれだけで決まりますし、
たとえそれが浅く(甘く)ても打ちそこなう確率が高くなりますね^^

そういえば全レの愛知代表の方で、
ロブだけで全国一になった(と言われてる)人がいましたよ(笑)

やまださん、また遊びにきてくださいね~
コメントありがとう!嬉しかったわ(^ー^)v

2011/11/05 (Sat) 21:43 | てにまま | 編集 | 返信

情けないかなロブを打ってなかなか前にいかない人です。残念な人(^^ゞ
だって軟式の後衛だったもんで~~ドンピシャでロブあげたら
あとは前衛さんの仕事~って思っちゃうんですもんm(__)m

最近はちょっとマシになったかなぁと思うのですが、ホントに
ロブを上げてそのあとどうするか、考えないと、ですね~m(__)m

2011/11/06 (Sun) 01:01 | たらちゃん | 編集 | 返信

てにままさん、こんにちは。

 先日のコメント、少し(?)説明が不足していました。

>「試合に出たらまずロブを上げて
 相手がスマッシュを打てるかどうか確認しましょう」

 私たちのコーチはさらにこんなふうな話をしてくれて
いました。
 ・・・ 試合では相手を知る・観察することがたいせつ。
スマッシュを打てない苦手な人だとわかったら、ロブをどんどん上げてゆく。
スマッシュが得意な相手だとわかったら
また別の不得意なプレーを探してみる。
コートの中では相手の嫌がることをして、
試合が終わってコートを出たら、人の嫌がることはしない・・

 試合慣れしていない私たちへの言葉だったのですが、
コメントするのにはしょりすぎてましたね。反省です。


 ところで、今夜の錦織クン楽しみですね。


          11月6日 ひらゆう

2011/11/06 (Sun) 16:42 | ひらゆう | 編集 | 返信

たらちゃんへ

>あとは前衛さんの仕事~って思っちゃうんですもんm(__)m

雁行バリバリですねぇ?!
愛知の超A級さんの雁行を観戦していたら
私たちの雁行とは全く別物だった記憶。。。
完璧に後衛は後衛でしたよ!
たらちゃんも、逆にそっちを目指したら?(爆)

2011/11/06 (Sun) 21:26 | てにまま | 編集 | 返信

ひらゆうさんへ

いえいえ、反対で、てにままのコメ返がはしょってたのです。
ひらゆうさんのおっしゃりたいことは十分に理解していたつもりでした。

> ・・・ 試合では相手を知る・観察することがたいせつ。

相手を知るにはコートに入る前、UPの様子やサービス練習などからも!
いえ、事前の情報収集も欠かせません。
オバテニ界は広いようで狭い。
集めようとしたら簡単に集まるのです。

でも、実際に対戦してみると、その時の相手の調子もありますし、
成長・進化したという可能性もあって、
「情報とはちょっと違うな」と思うことがあります。

やはり実際に「やってみて」知ることが大切ですね^^

ニシコリくん、今夜はガオラで応援します( ´ ▽ ` )ノ

2011/11/06 (Sun) 22:25 | てにまま | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック