[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->


レジェンド

先日、久しぶりのお方に遭いました。
愛知女子連の幹部を長年やってこられて
正にレジェンドと言われそうなA様で御座います。
英語が得意だったので外国の方が愛知にいらしたら
先頭にたって通訳兼ねて、のお世話役を務めていた方でした。
所属のテニスクラブへは
「ハローエブリバディ~~(*^^)v  が口癖(笑)
華やかでしたが、傍からは鬱陶しい存在の(爆)
あちら様から 「あら~~てにままじゃないの!!!」から始まって
「まだテニスやってるの?」  年配どうしでは お決まりの言葉(笑)
「あ、今はもう。。。」  とてにままが返答すると
「私ね、60で引退したのよ!」
「私も、もう辞めましたよ!60過ぎてますしね」
どうやら60という年齢がオバサンテニスにとっての「区切りの年」みたいですね~~
ベテランの試合をみても60オーバー同士の試合は
あれは、、、テニスの試合とは思えないし(爆) 観ていて痛々しい(-_-;)

今日も愛の一押しを!
彼女に勝ったこと、あったかな~?(遠い目)

ボトムアップ

小豆島の高校が選抜出場を決めて「ボトムアップ」という言葉が注目されています。

ボトムアップとは?

普通はトップに居るものが物事を決めるのですけれど(トップアップ)
下の物が意見を出し合い物事を決めて進めることです。

もちろんトップは、その提案をトップなりに検討するのでしょうけれどね^^


だんな様の会社もボトムアップの会社のようです。

社長が、新しいことを始めるのに躊躇いがない人で
社員が「こういうことをしたい」というとGOサインがでることが多いとか。

失敗もあるようですが、おおむね成功しているそうな(笑)

トップ一人での考えより大勢の考えに「目から鱗」のこともあるのでしょうね~

まずは試してみることが大切なのかもしれません!
企業としては、それで会社が傾くなんてことは許されませんが(爆)




今日も愛の一押しを!


全豪女子決勝でセレナが負けてしまいました!

びっくりぽん!です。。。

男子決勝は明日かな?

錦織くんが負けて、フェデラー様まで負けて、、、、

観戦の気力が失せてしまいましたが(爆)

不遜ながら、、、

久しぶりの 『A様談話』 (笑)

あるA様が、今年になって2回程頼まれて試合に出たそうなw

相手(仮称K様)は、、、
愛知では彼女を知らなければモグリと言われるほど有名な大御所!
全レで愛知代表となり、数々の優勝経験もありますの!

ま、これ以上書くと(これ以上じゃなくとも)誰のことだか判っちゃいますね~

てにまま、K様と対戦経験は何度かあります。
もちろん勝ったことはありません^_^;
団子で負けたこともあるくらい。。。

K様のことを、別のAレベ様が話していたことを聞いたことがあります。

 「K様って、ペアしている人の好きなコースへボールが来るように配球してくれるの!」

へぇ~~~?!(@_@。と思いました。
自分の思ったところへ配球できない私達には想像ができない世界です。

そこで今日のA様へ「本当にそうだった?」と質問してみたのです。

首をかしげて「???」(爆)

まあ、その話を聞いたときには全国制覇した数年前のことですから
ブイブイも少しは衰えているのかもしれませんw

 「それより、、、」

話を聞いたA様は、コースの見極めが良くて
何処へ打ったら何処へくる・・・でポーチの判断が良い人です。

ちょいと激しいラリーになったときに、

 「そこで決まらないまでも強い球を打ってくれれば私がポーチ・・・」

と思っていてもロブが上がって振り出しに戻るの繰り返しだったそうな!

K様の十八番はロブなんですから身体に沁みついた技なんでしょうね(爆)

そんなこんなでベスト4に終わったのだけれど
それでもK様はとても喜んでくれたのだと!

最近、K様も勝てないのかもしれませんね~~


近々、愛知でも「全国レディース」の試合が始まります!

 「錦織君のナダル戦のように、速い攻めで、、、」

と、怖れ多いA様へアドバイスした不遜のてにままでした(爆)




今日も忘れず、愛の一押しを



アドバイスが多い人

今日は大寒ですって!
この冬は、意外に寒さが厳しくないわねぇ(今のところ)

久しぶりのM穂、12月から火曜日は雨が多かったしね~^_^;
今日はP杯代表にもなったことがあるAレベさんが来ていました。

彼女、アドバイスが多いことで名をはせています。
同じ団体戦の人など、一緒に組むと注意ばかりで委縮してしまい
自分のプレーができなくなる、とまで嫌がっているのです(笑)

てにままも一つ、彼女と組んでゲームをすることになりました。

ロブが上がると     「入るよ~」
配球によって      「そっちへ行くよ!」
相手のフォームをみて 「短いよ」

実に的確な一言が飛び出します。
皆は何を嫌がっているんだろう?・・・そんな風に思っていました。

珍しく私が後ろ(フォア側)で、ストローク合戦をしていたときのことです。
そのポイントを取れたかどうかは忘れてしまったのですけれど

 「あのね、相手のバックを狙ってストレートを打つのがいいのよ!」
 「その後にセンターへ中ロブ、もう一人へバックで打たせることになるでしょ?!」

一応「はい、そうですね」と返辞をしたものの
自分では『そのようにやっていた』感なんですけれど(爆)
彼女の思い描いたショットとはイメージが違っていたんでしょうねww


そしてMYペアさんが貰ったアドバイスは、、、(対戦中)
てにままのフォアサイからのサービスが
センターいいところへ入ったのですけれど
Aレベさんは、それを片手バックスライスでストレートへ!

 「あのね、センターへ入ったサービスをストレートへ狙うのは結構あるの!
 私は片手だけれど両手打ちの人は得意にしている人が特に多いわ」

ああ、それはてにままも好きだから判る(笑)

 「センターへ入ったら後ろ目はダメ
  守るのは、ストレートとセンターとロブに注意、の三点ね」

これって、全部じゃん!!!(爆)



今日も忘れず、愛の一押しを!


前へ詰めたらロブがケアできない(私達は完全縦割りだもんね)
私達レベルだと、何かを捨てなきゃ守れない。。。
そこで、あんなに速いストレートを打たれたら
相手が巧いというしかないわ~~




続きを読む »

遠い、常勝の道

さる団体戦でのA様談

最近あいつら、大物を喰うこと多いのに、
大したことない相手に結構負けるよね?!どうしてだろう。。。

読みが良いからキャッチがよくて
綺麗なプレーをするAレベには強い!?

でも自分たちの組み立ては確立してないのか?

ほら、いまだって!
アノ球はアソコに返せば次にソコに来てアソコへ決めればいいのに!

なんで?ってコースが多過ぎだよ!

セオリーがないから強い相手に勝てて、
同じセオリーなしに負けるんだね(笑)



必死で返しているだけでは
勝てたり勝てなかったり。。

常勝の道は
遠くて、遠くて、遠すぎますf^_^;)





今日も愛の一押しを!

エセA?!

A様談話、その4(笑)

 「あんたさぁ~(てにままのことです)もっとロブを上手に使ったら?」

トップスピンロブとスライスロブ、両方持っているんだから、、、ということ。

でもA様相手に、うかつにロブは揚げれませんよね?!
ちょっとでも短くなったなら、
とんでもないコースへスマッシュされてしまうわ!


それよりも浮いた球を出さないようにすることのほうが大事?!

 「それが意外にさ、私達って浮いた球に弱いんだよ!」

A様同士で練習していると、滅多なことでは浮いた球が来ることはない。
つまり浮いた球を打つ機会が少ないのだそう(爆)

 「でもね、そこでミスするのはエセAだけどね^_^;」

確かに!


例えエセだろうが、金星あげたいものですね~~~(爆)




今日も愛の一押しを!


本日の頂き物
IMG_0991.jpg
手造りキムチだそう。それも食材は全て国産!!!

いや―ご飯が進むこと( ´ ▽ ` )ノ




前へチョロリン

錦織くん、残念でしたね~。

全てにおいて圧していたのに負けるって、悔しいですね(-_-;)


でも、マイケル チャンがコーチになって
『どんな場面でも攻撃的に』って教えが彼を更に進化させたんですね^^

プロのアスリートだからこそ『攻撃的』がいいのでしょう・・・

でも、オバテニでは、、、(笑)


A様談話・・・

相手が浮いた球を出して、A様がバシッと決めました。

 「あのさ、今は私が決めたでしょ!でもソレって諦めがつくよね?!」

浮いた球を打ちこまれて、それを返せないのは「当たり前」に近い。
返せたならラッキー以外の何物でもありません。

つまり、バシンの後には「気持ちの切り替え」が出来るのです。

 「でもさ、これをロブなんか揚げられて、それを追いかけて返す、
  必死に返したのに次はチョロリンと前へ角度をつけて、、、」


こういうほうが、相手にダメージを与える。
それもメンタルだけじゃなく、後半への肉体的ダメージにも!とww


あ~~あ、オバテニって本当に嫌らしい(爆)

その両方ともが出来るのが錦織くんとも言える(笑)



今日も愛の一押しを!


あんたら上手?!

初雪でした。

そんな日に名古屋松坂屋の美容院へ予約を入れてしまった^_^;

名古屋高速を走っている時に、一時的ですが吹雪状態!!!
引き返して電車で向ったほうが良いのでは?と不安がよぎったものの
根が楽天的なものですから、そのまま走り続けて。。。(笑)

美容院には窓がないんです(^_^;)
外は一体どうなっているのか知る由もない2時間半(ドキドキもの)


でもね、帰宅の道中は雪が降っていたことさえ信じられない好天でした(爆)


+++++(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)+++++



さてさて、今日はA様談話の第二弾・・・・

 「あんたら、上手なんだね~?!」

そんな言葉で始まった一息の談話。

 「例えば、あんた、さっきさぁ~
  『もっとクロスのはずだったのに』って言ってたでしょ?!」

 「わたしら(Aレベ)だったとしても、来た球を必死で返しているだけで
  『コースを狙う』なんてこと、出来てやしないんだよ!」

それを、狙うつもりが『巧くいかなかった』と宣うのは
「よっぽど、自分が上手だと思っているのか?」って言うのです(^_^;)

確かに「あそこ」へ打ちたいと思っても
甘くなってポーチに遭ったりするのは当たり前に近い私達レベル!

そして「決まった!」と思う球が、決まるどころか難なく返される
あるいは思いがけない厳しいコースへ切り返されたり!
最悪なのは「決まった(ポイントがとれた)」と思って
動きが止まってしまうことなんです。

自分の思い描いた『組み立て』のイメージがガラガラと崩れおちる・・・
ってことは多々あります(爆)

特にAレベ相手の場合、「なんでも返ってくる」と心しなければいけません!
何時もの相手(同レべ)とは違うのです。
それを肝に銘じて、日々プレーしなければいけないのね~






今日も愛の一押しを!


帰宅して直ぐにトイレへ駆け込んで、、、
アイフォンをドボンしちゃいましたヾ(´∀`o)+

これで二度目。。。

復活も二度目になる・・・はず!!!人(´▽`;)祈


褒めちゃいかん

先日のAレベさんの話。
カテゴリーに「A様談話」を追加しました。今日は第一弾(^v^)

月一の(格下の)練習会へ高速を使ってまで来てくださるなんて
面倒みがいいのでしょうね~!

そして色々とアドバイスもしてくださいます。
でも、ちょっと、いや相当に辛口です(笑)

ゲームが終わって皆のところへ上がってきたMさんへ仲間が声をかけました。

 「頑張ってたね^^いいショットも出てたし」

すると、、、

 「褒めちゃいかん!あんたたちレベルで
  褒めあったって、付けあがらせるだけ何にもいいことない


かといって貶し合うわけにもいきませんけど(爆)


 「例えばさぁ~あんた、スライスで逆クロのワイドへ打つのが好きでしょ?」

 「さっきも決まってたよね^^」と仲間が褒めるw

 「だけど、それ一本決める前に何本ミスしてるか判ってる?」

決まればカッコ良くても確率が悪いショットに拘っているのが悪いのだと。

 「それは偶然の産物でマグレなんだから!」

 「大体ねぇ、結構後ろ目から狙うじゃん!それも低い打点で」

スライスなら肩口くらいに早めにセットして高い打点で打つべきなのに
バウンドしてから構えるから、どうしても打点が低くなるのだと。
後ろから低い打点でワイドショートを狙うなんて言語道断!とまで(笑)

身ぶり手ぶり付きで長い時間、説得力のあるご指導が続きました。


そして再びMさんがコールされました、、、

 「行ってきな!今度はきっと見違えるような出来になるよ!」


いや、そんな一朝一夕では直らないだろ!(誰でも承知してますねww)





今日も愛の一押しを!

どれだけキツイ言い方をしても、A様の周りには人が大勢集まって
笑い声が絶えません!
面白おかしく、本質を教えてくださるから皆が聞きたがるのね~